" サンサーフ・東洋エンタープライズ|取扱いブランド ORBIT
ブランドリスト

サンサーフ



アロハシャツに伝統的なフラワーデザイン「ELSIE'S FLOWER」2カラー
サンサーフ
楽天市場 YAHOO
アロハシャツはハワイという楽園を象徴する柄の美しさ、そして「風を着る」とも称される涼感のある着心地から、今や日本でも夏のファッションとして愛されている。

その原型は20世紀前半にハワイオリジナルのシャツとして生まれた。初期には和柄が多く見られ、ハワイに移住した日系移民との係わりも深く、「ムサシヤ・ショーテン」は初期のアロハシャツを育てた店のひとつ。最も早い時期から和柄の生地を使ったシャツを仕立て、1935年に「アロハシャツ」という言葉を初めて新聞広告で使ったとされる。そして1936年、「アロハ」は洋品店「キング・スミス」の経営者エラリー・チャンによって商標登録される。中国系移民の彼が最初に売り出したアロハシャツはムサシヤが仕立てた和柄シャツだった。

アロハシャツの大きな魅力は『色』、つまり発色の良さにある。これらの色鮮やかで美しいデザインは、レーヨン製の生地に『抜染』や『オーバープリント』という技術で捺染される。また価値あるヴィンテージ・アロハシャツを選ぶ時、多くの人はパターンや柄を重視する。パターンや柄には素材やプリント方法との相性、そして時代的な移り変わりがあり、パターンを大きく分けると6つのパターンに分類する事ができる。

まずヴィンテージ・アロハシャツの黎明期であった1930年代には「オールオーバー・パターン」が主流でモチーフも年月を重ねるごとに小さいものから徐々に大きくなり、1940年代後期頃になるとより派手なデザインとして「ボーダー・パターン」の作品が多く生み出された。

そして1950年代、アロハシャツの最盛期には更に自己主張の強いデザインとして、シャツ自体が一枚の画のように見える「ホリゾンタル・パターン」が生まれ、米国本土では「バックパネル・パターン」や「ピクチャー・パターン」など、より強烈なインパクトのあるデザインが作られるようになる。「和柄」は最初期のアロハシャツやオリエンタルブームが起こった1950年代に多く見られ、ハワイならではのミックスカルチャーを象徴するデザインといえるだろう。

※上記、各ショッピングサイトのバナーよりORBITの商品をご購入いただけます。お好きなサイトをご利用ください。

BLAND LIST に戻る


| HOME | 取り扱いブランド一覧 | スクールのご案内 | ライダー紹介 | ブログ | お問い合わせ |

copy